茶色の家具とブルーの壁

まずは断捨離、不動産選びで思った以上に節約できる!

現在ひとり暮らしです。今住んでいる部屋に越して約一年経ちました。給料も少ない時期に引っ越しを決意したため、

 

費用を集めるのにひと苦労でしたが、

 

実家で断捨離を行い、人脈不動産を頼ることによって、当所かかる予定だった20万円以上の費用を、3分の1の7万前後で済ませることができました。

女性や箱を使って移動する

日にちも時間帯もお任せにする事で料金がどんどん安く!

私は「アート引っ越しセンターの単身パック」を利用しました。荷物はできるだけ少なくしようと、大きな家具は友人が借りた軽トラで運ぶことにして、少しでも荷物を減らすことにしました。

 

 

ただ、できるだけ引っ越し費用を安く抑えられたらと思いますよね。

値段交渉

割引率が高かったため、サカイを利用したら安く引越せました

私が利用した引越サービスは、サカイ引っ越しセンターです。

 

というのも、ここが一番、割引率が良かったからです。今回、私が引っ越しの際にやったことは、一括見積もりとそれを基にした個別での交渉、そして持っていくものを選別したことです。

箱で満たされた新しい家の部屋

赤帽に同乗させてもらい移動費を安くする引越をしました

大学生の単身引越しは、荷物が少なくて、引越し業者の単身パックを利用することも可能かもしれません。

 

しかし、独身者が転勤等で単身の引越しをする場合、単身パックのカートにすべて積むことはできません。かと言って、4トントラックでは大きすぎて無駄と言えます。

クリームの女性の持ち物箱

比較的近距離なら、自分も手伝うことで大幅に安くなる

大手の引っ越し業者が行っているトラックでまとめて引っ越しをお任せする方法は、

文字通り何もすることがありません。

 

梱包作業から輸送引っ越し場所への設置、それに引っ越し元の清掃まで指示するだけで、すべてやってもらえます。

家計

単身引っ越しは赤帽が最安値だったので利用しました

同じ横浜市内で、より駅近で、少しゆとりの広さのマンション物件への単身引っ越しを1年前にしました。

 

その際、単身引っ越しということで荷物は最小限であったことから、いかに引っ越し費用を切り詰めるかということを事前にネットを使ってリサーチしてみました。

作物の手シールボックス

引越しを安く上げるための断捨離・相見積もり・DIY

今年の春に単身引越しをしました。

地方の大学を卒業して就職先のある関西に転居するためです。入社前の引越しで残念ながら引越し費用は全部自費負担なので、可能な限り引越し代金を節約できるよう努力をしてみました。

 

ちょうど引越しシーズンでしかも今年は人手不足で高いのはわかってはいたものの、出来る限りあがいてみたのです。

見積りをとる女性

引越しを安くするコツは労を惜しまず、余裕を持って行動

私が単身引越しした体験で得た引越し料金をなるべく安くおさえるコツについてご紹介します。

一つ目のコツとしては、数件の見積りを取ることです。

何件か引っ越し業者に電話をして見積もりを取ることで気付くと思いますが、業者によっては数万円変わるので驚きです。

マンション内装リビングルームの生活

単身者の引越し費用節約術はたったの5つのポイントを守るだけ!

私の場合は「赤帽」を利用しました。引越し先に行く時は、赤帽の軽トラに乗せてもらいました。費用は、移動距離が20km以内だったので、2時間で11,880円でした。土日祝日だと、約2割増しになるということだったので、引越し日は平日にしました。

 

※荷物を減らす
衣類や本など売れるものを売っておけば、引越し費用の足しになります。また、引越しの機会に、断捨離をして引越し先で快適に暮らせるようにすることも大切です。