家計

単身引っ越しは赤帽が最安値だったので利用しました

同じ横浜市内で、より駅近で、少しゆとりの広さのマンション物件への単身引っ越しを1年前にしました。

 

その際、単身引っ越しということで荷物は最小限であったことから、いかに引っ越し費用を切り詰めるかということを事前にネットを使ってリサーチしてみました。

 

単身引っ越しが最安値の業者探しにはネットの引っ越し見積もり一括サービスが非常に便利です。必要事項を入力すれば、5社から8社ぐらいまでの業者での見積もりが一括して検索できるので、とても手軽で重宝しました。

 

その結果、最安値だったのが「赤帽」だったのです。

 

 

私の場合は冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などの基本的な家電のほか、衣類や細々とした日用品などが、ダンボール10箱程に収まるということで、最小限の単身引越しプランが適用されました。

 

これだと同じ横浜市内での引っ越しなら、2万円以下で引っ越しできそうだという見積もりだったのです。

 

 

他の日通クロネコなどの最大手ともなると、やはり最小限の荷物の単身引越しプランでも4万円は超えてしまう見積もりだったので、これは明らかに赤帽の方がリーズナブルだと思い、最終的に決めました。

 

大物の家電やダンボールは全て運んでもらうことにしましたが、その他の細かい小物類や書類、書籍、食器類などは自分でダンボールにつめて、友人に手伝ってもらって車で運んでもらいました。

 

全部を赤帽で依頼していたら、やはり追加料金が発生して、とても2万円以下では引っ越しできなかったと思います。

 

赤帽と友人の手伝いの併用によって、最低限の引っ越し費用に抑えることができとても満足しています。